ネイチャーメイドのグルコサミンが断然お得!

男性

自分の症状に合わせて選ぶ

生薬

症状が起こるしくみ

更年期になると体や心のさまざまな症状に悩む女性が増えてきます。肩こりがひどくなったり、便秘がちになったり、気分が落ち着かなくなったり、冷え症が重くなったりとその症状は多岐にわたり、また人によって個人差も大きいものです。これらの症状は更年期障害と呼ばれているもので、原因は女性ホルモンの減少にあります。40代から50代くらいになると女性ホルモンは若いときとくらべてかなり減少しているため、ホルモンの分泌をうながす脳と思うようにホルモンを出せない卵巣との間で齟齬が生じます。したがって更年期障害の症状を緩和するには婦人科で行われる女性ホルモン療法が有効ですが、この療法は子宮に筋腫がある場合は適さないなどのデメリットがあります。そこで体に優しい更年期の治療法として人気の高いのが漢方療法です。

体質や状況に応じて

更年期障害に効果があるとされる漢方薬にはいろいろな種類があり、患者の状態に応じて処方されます。婦人科で処方されるほかにも、複数のメーカーから多種多様な漢方製剤が販売されています。どのメーカーから出ている漢方薬であってもその名前を見れば用いられている生薬がだいたいわかるので、市販の漢方薬を利用する場合は前もってインターネットなどで自分の症状にあった生薬の種類を調べておくと役に立ちます。たとえば同じ更年期障害であっても、体がのぼせやすい人と冷え症の方が強く出ている人とでは向いている漢方薬が異なります。また身体的な症状の方が強く現れている人と、精神的な症状の方がひどく出ている人にもそれぞれに適した別の漢方薬があるのです。